CBNとは?

CBNはカンナビノール(Cannabinol)の略であり、カンナビスに含まれる三大主成分(CBD/CBN/THC)のうちの一つです。とは言っても、CBNは通常カンナビスからわずか1%未満しか抽出されないため、マイナーカンナビノイド若しくはレアカンナビノイドと呼ばれます。(通常大麻にはCBDが20~25%、THCが25~30%含まれています)

CBNはTHCが劣化して変成される無毒の物質です。もしくは、人工的にCBDからCBNを変成することも可能であり、現在市場に出回っているものは基本的にそうして作られたものになります。なぜなら、 CBNはCBDやTHCと比較して抽出できる量が少ないため、商品として提供するには非効率であるからです。
因みに、CBN は若いカンナビスからよりも歳をとったカンナビスからのほうが比較的多く抽出される事が確認されています。若い大麻から多く抽出可能なCBGとは対照的です。

◆CBNの効果は?

CBNの元となるTHCは心身に大きな変化、いわゆる『High』を引き起こしますが、CBNにはその作用はごく僅かしかありませんしかしCBNはTHCと同様にCB1/CB2/CB3と結合するため、CBDよりもリラックス効果を感じやすいと言われています。CBD で効果を感じることができなかった方は、CBNを試せば効果を感じることができる可能性があります。

その事から、CBNは就寝前などに使う商品に含まれていることが多いです。その他にも、以下のような効能が示唆されいます。

抗菌性

研究により、CBNは強力な抗菌剤となる可能性があることが判明しました。実験室において、CBNは従来の抗生物質に対して耐性を持つMRSAバクテリアの株でテストされました。研究者たちは、CBNがこれらの耐性菌に対して強力な抗菌剤であることを発見しました。

神経保護剤

CBNはまた、強力な神経保護剤である可能性があります。あるネズミの研究では、研究者はCBNをALSの治療薬として使用し、ALSの発症を遅らせることができることを発見しました。ヒトでの研究は必要ですが、これはCBNがALSやその他の神経変性疾患との戦いに強力な手段を提供する可能性を示唆しています。

食欲増進作用

実験では、CBNを投与したマウスが食べる量を増やしたことから、食欲増進剤として有効であることが示唆されました。

緑内障の改善

CBNは緑内障に悩む人々にも役立つかもしれません。ウサギを使ったある研究では、CBNは(THCと同様に)緑内障の最大の危険因子である眼圧を下げることがわかりました。しかし、研究は初期段階にあり、CBNが他の緑内障治療薬より優れていることは示されていません。カンナビノイドが緑内障の従来の治療法に取って代わることができるかどうかを知るためには、さらなる研究が必要です。

抗炎症作用

CBNはまた、強力な抗炎症剤である可能性があります。マウスの研究では、CBNが関節炎を軽減することが示されました。

◆CBNの副作用は?

CBNを多量摂取した場合、陶酔やドライマウス、バッドトリップを引き起こす場合があります。

◆CBNは合法か?

CBDと同様に、日本国内にてCBNは規制対象にはなっておりません(2023年5月12日現在)

◆CBN製品はどこで購入可能か?

CBN製品は、CBD製品と比べて市場に多く出回っておりません。CBD製品であれば、スーパーやデパートで目にする事もあるかも知れませんが、CBNをオフライン上で目にする事はほぼ無いかと思います。

ですが、日本ではインターネット上で大きなCBNのマーケットが確立されており、オンラインではベイプリキッド、オイル、エディブルなどの様々なCBN製品が販売されています。

◆まとめ

大麻に含まれるマイナーカンナビノイド

多量摂取した場合陶酔作用あり

副作用は非常に少ない

医療効果が注目されている

オイルやベイプリキッド、エディブル、化粧品などとして摂取可能

日本でも所持・使用が認められている

オンラインや店舗で購入可

就寝前の摂取が推奨されている